「養成所」と「専門学校の芸能コース」との違いとは?

公開日:2023/06/15  最終更新日:2023/05/10


これから芸能分野で活躍したいと考えていても、養成所と専門学校の芸能コースのどちらを選択すればよいのか分からない人もいるでしょう。よく混同されますが、両者には違いがあるので理解しておきましょう。今回の記事では、それぞれの違いについて紹介します。今後の参考にしてください。

「養成所」ってなに?

養成所は、芸能界を目指している人の中でも、ある程度の才能を持っている人が集まる場所です。オーディションに合格した人が集まるため、個々のレベルが高く、レッスンの密度が濃くなっています。多くの場合は、声優プロダクションやお笑い芸人事務所などが運営しているようです。

レベルの高い才能が求められる

養成所は、初心者が応募できないわけではありませんが、ある程度のレベルに達している人が集まる場所です。そのため、初心者が試験に合格しても、レッスンのレベルが高いので苦労するでしょう。俳優になるために何年も前からオーディションに向けて準備している人がほとんどなので、才能の見込みがある人は、正規所属者になれる可能性を持っています。

レッスン数が少ない

養成所は、社会人として仕事しながら通いたい人におすすめです。レッスンは毎日行われるわけではなく、週2~3回となっているから。その代わりレッスンの密度が濃いので、レッスンだけ真剣に受けるのではなく予習と復習は欠かせません。上手に自分の生活習慣に、予習・復習、レッスンを取り入れられる人は、養成所でも成長できるでしょう。

費用が安い

養成所は年間数十万円の費用で済むので、専門学校と比較すると費用を抑えられます。ただし、養成所により費用の差があることに加え、プロモーションの費用が発生する場合があるので、応募する前に確認しましょう。

「専門学校の芸能コース」とは?

専門学校の芸能コースは、初心者も安心して学べる場所です。まったく知識や経験がなくても挑戦できるというメリットがあります。たくさんの分野が学べるようにコースが設けられており、その中から自分が興味を持っている分野で学べるでしょう。きちんと自分の将来を見据えた専門学校を卒業してください。

授業の時間が長い

専門学校の芸能コースは、養成所とは異なり、平日は朝から夕方まで授業が行われます。知識や技術を毎日学ぶので、仕事しながら通うのは難しいでしょう。

基礎から学べる

養成所はオーディションに合格した人が学ぶ場所ですが、専門学校は初心者が安心して学べる場所です。演技の練習や発声などの練習が初めての人も、授業に遅れることなくついていけます。

カリキュラムがきちんと組まれている

専門学校の芸能コースは、演技の練習や発声などの練習だけではなく、芸能の分野について広く学べるのが特徴です。多方面で活躍できる人材を育成しているので、カリキュラムがきちんと組まれています。芸能について深く学べるでしょう。

学費が高い

専門学校の芸能コースは、初年度の学費が100~150万円となっています。その分、第一線で活躍している人から学べたり、整備された施設で練習できたりするのがメリットです。また、一緒に頑張る仲間と切磋琢磨できるので、つらいときやくじけそうなときに力になってくれるでしょう。

卒業するときにオーディションが受けられる

専門学校の芸能コースは、俳優として活躍できるようになるためのチャンスの場を提供しています。芸能事務所や劇団は新しい人を募集しているケースがほとんどなので、オーディションを受けたい人は合格するのを目標にしましょう。

オーディションに向けた対策も講じてくれるので、合格するためのポイントも学べます。自分だけで対策を講じる必要が無いので、心理的な負担は軽減するでしょう。

それぞれこんな人におすすめ!

どのような人に向いているのか見ていきましょう。似ているようで似ていないので、混同しないようにしてください。

養成所はこのような人におすすめ

養成所は、芸能の世界ですでに実績がある人や働きながら学びたい人におすすめです。働きながら学べますが、レッスン以外の時間も予習や復習を欠かせないので、自分の時間をきちんと確保できる人が向いているといえます。両立するのは難しいので、色々と工夫しましょう。

専門学校の俳優コースはこのような人におすすめ

専門学校の芸能コースは、これから俳優になるために最初から学びたい人や本格的に学びたい人におすすめです。平日の日中は授業があるので、働きながら学ぶのは難しいでしょう。しかし、初心者でも俳優になるまでに必要なことを段階的に学べるので、これから活躍したいと考えている人は、この機会にきちんと学びましょう。

まとめ

現在、中学生以下なのであれば、芸能コースで学びながら高校の勉強もできる芸能学校がおすすめです。また、専門学校で学ぶ人は、ほとんどが高校を卒業してすぐに入学しているので、同世代が集まります。年齢が近いこともあり、ライバル意識を持ちながら切磋琢磨できるでしょう。そして、養成所は小さい子どもから定年退職したシニアまで幅広い年齢層で構成されています。世代を超えて交流できるのがメリットです。最後に、養成所も専門学校もどちらのほうがデビューしやすいというわけではないので、自分の才能で勝負しましょう。

おすすめ関連記事